離婚弁護士という言葉の意味を知りたい方へ

離婚弁護士とは何か知りたい方へ

離婚弁護士という言葉を耳にすることがありますが、一体どんなものなのでしょうか。一般の人からみると少々分かりにくい表現ですので、考えてみましょう。特段に弁護士が離婚経験者であることを表明しているわけではなく、離婚問題を專門に取り扱う弁護士の俗称と言われています。例えば、修復不能となった夫婦間の関係を整理を法律的な見地からサポートする役割を担っています。特に不倫問題やDVなどによって、積極的に別れたい希望する方のために、法的な決着をつけるための代理人です。一般的な弁護士が行なう一形態であり、特別にその名称の職種が存在しているわけではありません。また、過去にフジテレビ放送されたドラマに、同名のタイトルが冠されたものがありましたので、その影響が多分にあると考えることもできます。

テレビドラマのタイトルとして話題となった

離婚弁護士は、2004年、2005年にテレビドラマとして同名タイトルで放映されています。大手法律事務所を舞台として、離婚だけの留まらず家庭内で起きうるセクハラ、DV、不倫などの男女問題を取り上げています。その他、相続や債権債務問題など幅広いテーマが対象。大企業むけに業務をこなしてたエリート弁護士が、小口の民事案件に取り組んでいくといった、現実ではなかなかありえないようなドラマ設定となっています。その一方で人情味あふれた主人公の活躍が、視聴者を惹き付けることとなりシリーズ化に成功した番組であると言えます。

実際の場面で弁護士に依頼するケースとは

離婚問題は、テレビドラマで取り上げられるだけでなく現実のものとして存在しています。愛情があった夫婦間であっても、何らかの原因で亀裂が生じてしまうことがあり得るからです。離婚しようとする場合に、相手が承諾しなかったり財産分与で争いとなるケースがあります。ましてや不倫やDVなど、離婚自由に相当するような事実がある場合は、損害賠償や離婚後の生活補償の金額などを決める必要が必要となります。いったん争いとなってしまった場合は、当事者間では到底解決できないくらい関係が拗れてしまうことが多くあります。双方が感情的になってしまったり、取り決め事項の応じない等、頑なな態度となってしまうからです。子供がいる場合は、養育費の負担やその後の生活保証の範囲を、納得のいく額で決着させる必要もあります。そんなときは、調停や裁判などで、法的に決着をつける必要がありますが、法律の専門家である弁護士にサポートしてもらうとスムーズに事が運びます。このとき、離婚問題の案件を專門しているか、多くの事例を経験している弁護士が望ましいと言えます。

ピックアップ記事一覧